睡眠不足が肌荒れの原因になる!質の良い睡眠にこだわろう!

睡眠不足が肌荒れの原因になる!

よく昔からテレビで、「睡眠不足は肌の大敵である」と言われています。
なんで、大敵と言われているかというと、ターンオーバーと関係があるからです。

 

ゴールデンタイムというのを知っていますか?
午後10時から午前2時までの間は、体と肌のゴールデンタイムと言われています。

 

睡眠中は、自律神経がリラックスした状態に、副交感神経が優位になっている状態になっています。
リラックスした状態は、腸が休める事になるので、便秘の予防にもなります。

 

便秘になると栄養が肌に届かなくなってしまい、肌荒れの原因になります。

 

睡眠不足は、ターンオーバーの乱れと肌荒れの2つの原因があります。

 

体の切り替えがとても大切

私対は夜に寝て朝日とともに起きるのが普通です。
それは、起きているときには、メラトニンが分泌されて目冷めて夜になると減って眠くなります。

 

そういった規則正しい生活が一番お肌にとっていいのですが、仕事をしている人からしたら難しいですよね。

 

美肌への一番の近道は、起きる時間を一定にする事です。

 

寝る前に眠りやすくするには?

眠る前の3時間は食事をとらない事です。
眠るときは、あかりは一切つけずに完全に暗くして眠る事です。

 

質の良い睡眠をするには、体温を上げてから下げる事で睡眠の質が良くなります。
体温を下げると、ノンレム睡眠のレベルが深くなり増す。

 

だから、眠る1時間前にお風呂に入ったり、ストレッチするのが良いんです。

 

血行がよくなり、全身が温まります。
ねむるときには、ちょうどいい時間になり眠くなります。

 

また、光を通すカーテンがおすすめで、朝日が出てだんだん明るくなっていきます。